提出代行

風景

社会保険労務士の業務にはさまざまなものがありますが、その中で、煩雑な仕事を代行してくれるものが提出代行や事務代理です。
・提出代行
社会保険労務士は、国によって、作成・申請を代行する業務が保障されています。
これは、企業にとってはとても煩雑な作業であるため、本業を圧迫することもあります。
そのため、社会保険労務士に依頼することによって、核になる事業に集中することができます。
提出代行は、従業員の採用から退職までの間に必要な手続きをすべて代行してくれるものです。
具体的には、労働保険、社会保険などの代行手続きを行ってくれます。
これらの保険に新規加入する際や、退会する際に手続きを行う必要があります。

・事務代理
事務代理とは、事務的な手続きを代理で行ってくれるものです。
具体的には、年金裁定請求手続きや労災保険給付申請手続きなどの代理を行います。
事務員が行うこともできますが、社会保険労務士に依頼したほうが手続きのミスを減らすことができます。

社会保険労務士は、就業規則などを作成・変更したりするだけでなく、諸手続きを代行してくれます。
これにより、経営の迅速さを増すことができ、本業に集中できるなどのメリットがあります。